2019 夏休みの思い出 大滝鍾乳洞 vol.3

夏休みの思い出、第三弾は 【 岐阜県 郡上 大滝鍾乳洞
地底の奥深くに日本一の落差を誇る大きな滝があるのが有名な洞窟です。涼しい所を求めて行ってきました。

夏休み最後の休日だったので駐車場が混んでいて、20分ぐらい並んだかな…何とか車を止めて出発~

まず、入り口で「 鍾乳洞と流しそうめんがセット 」のチケットを購入し、木製のトロッコに乗って鍾乳洞の入り口まで行きます。
※もちろん、鍾乳洞のみのチケットもあります。

このトロッコも楽しみの一つで味があってイイんです✨
一方通行で行きのみトロッコ。帰りは徒歩で下山します👣

画像は公式ページよりお借りしました

中に入ると想像以上に涼しい~寒いぐらいで、時々冷たいお水が上からポタリ💧ビクッとします😲

約700メートルの神秘的な道をゆっくりとお散歩。30分ぐらいかかったかな。。。
次女ははじめてだったので、興味津々で探検気分を楽しんでいました。

洞窟を出たら、気持ちのいい山道を下ります。

出口間際にある、流しソーメン屋さんでランチ。
歩いた後に冷た~い素麺💕すごく美味しかった😋

お腹いっぱい食べた後、次女は更に「鮎の塩焼き🐟」をパクリ😋

今回は行きませんでしたが、手前にある「縄文鍾乳洞」がすごく気になりました。
「大滝鍾乳洞」ほどは有名ではなく規模も小さそうですが、行ってきた人の感想を聞くと物凄く怖くてお化け屋敷みたいだったと。。。💦
どうやら中には灯りがなく、真っ暗らしい。コウモリの集団に出くわすこともあるとか。
ビビりの私たちが出口まで頑張れるか分からないけど、面白そう😲
次回は挑戦してみたいと思います(^^♪




投稿者:

harvest4u

40代主婦の私。娘2人(16歳&7歳)、夫、祖父母の6人で生活中。

コメントを残す