チャレンジ一年生 感想とこれから

今回は、【 チャレンジ一年生 】を使ってみた感想です。

こどもちゃれんじ からスタートし、小学校入学を期にデジタル教材に変更して、もう少しで丸1年。
溜め込むことなく、頑張ってこなしてくれています✨

学校後だと宿題があり夜の時間がキツキツになってしまうので、朝食後、学校へ行く前にやってから出かけます。
国語と算数で10~15分程度の朝学です
ちょっと前に2月のメインレッスンが終わり、今は実力アップレッスンをやっているところ。

毎月25日に1ヵ月分の教材が届き、算数と国語を毎日一つづつやると、ちょうど次の号が届く前々日ぐらいに終わる感じになっています。
メインレッスン、実力アップレッスン(発展問題、演習問題)と別れていて、基礎をやってから少し捻りの効いた問題になっていくので、学習しやすいです。

受講しているのはデジタル教材ですが、長期休暇の時は別冊で紙のテキストも送られてきて、空いた時間などに学習できるようになっています。無理なくちょうど熟せてる感じで、子供の学習ペースをすごく研究されているのが分かりますね。

また、子供が飽きないように、小細工も定期的に入れてくれたり、ボーナスポイントの月があったり、楽しんで習慣化できている感じです😉

上手く続いているのでこのまま2年生も続けていきたいと思います。
来年度からは、今までオプションで受けていた「チャレンジEnglish」も追加され、国語、算数、英語の3教科受講できるので、さらにお得✌

英語は、「チャレンジ」と統合されますが、今やっているそのままのスタイルとレベルで引き継いでいけるそうです。良かった~
現在、「レベル3」を受講中。2年生には「レベル4」に上がるかな~というところ。
週2回ペースで1年で1つずつレベルアップを目指しています。ゆっくりです。🐢🐢🐢

英語の感想は、正直コレをやっていればペラペラになるとは言えませんが、読み書きは着実に身に付いてきています。読み書きできる単語が増えました
あと、チャレンジパットから出る声をまねて発声したりする練習もあり、これはイイ練習になるなあ。。。と思います。
性格的に前へ前へというタイプではないので、どうしても相手がいる英会話だと蚊の鳴くような声でボソボソ…ですが、パットには大きな声ではっきりと話しかけてます💖でないと、OK!の文字が出ず、終われませんので😜

🏡 公式ページ ⇒進研ゼミ 小学講座

《関連記事》
📰 デジタル教材 届いた♪
📰 Challenge English
📰 Challenge Englishが生まれ変わる
📰 チャレンジ 一年生 ひまわり栽培
📰 チャレンジタッチ 計算レース
📰 ちゃれんじ一年生 デジタル教材 感想




無料プリント教材 ぷりんときっず

今回は、無料で教材プリントを配布してくれる ぷりんときっずのお話です。

子供の教育費は、いくら掛かるのか?
文部省の調べによると、1,000万~2,500万だそうです(°0°)
それに加えて、当たり前にかかってくるのが食事や洋服、雑貨、保険・・・などの養育費。
子供が複数いれば、人数分プラス(°°;)

少しでも節約したいですよね。

長女の時は塾に入れたり英会話に行かせたり、色々しました。
大金つぎ込んで送迎にあくせくしたにも関わらず、あまり効果は無かった気がします。
本人が熱望して通いたい、習いたい、と言うならともかく、親が無理に行かせている物にあまり効果はないのですね(^^;;

次女は私も少し学び、お金をあまりかけない方法を考えたい
「ぷりんときっず」作成者の方のお子様は、家庭学習にプリントを2枚程度続けているだけで、塾や通信教育なしでも成績はトップレベルとのこと。もちろん、地頭も良い子なんでしょうね。

自分の子供をトップレベルにしたいわけでは無いけど、知らないより知っていることが多い方が良いし、無いより何でもできた方が本人の気分が良いですよね。

本当は、そのお子様のように無料のプリント2枚のみにしたいですが、学校の内容と自分の子供の状態を熟知していないと、プリント選びに困ります。
ワーキングマザーは皆同じと思いますが、子供が勉強に取り組む時は家事などをしていたりして、ながら作業のような感じで寝る時間を迎えます。
勉強している横にはり付いたり、下準備など研究する時間はなかなか…

ということで、家の場合は進研ゼミ 小学講座だけは取っています。
これで学校の内容確認と本人の状態確認ができますので、私の安心の為です。
英語も付いてきますしね~

無料プリントは補助的に、長期休暇などに使わせて頂いています。
学習ポスターやカードもあるので、トイレに貼ったりフラッシュカードみたいに使ったり、それも重宝しますよ。

以前、無料でプリントをダウンロードできる【 ちびむすドリル 】をご紹介したことがありましたが、それと同じように【 ぷりんときっず 】も無料で教材プリントを配布してくれています。

両方とも大変良くできていて市販の物と大差ない出来栄えです。
デザイン的には、「ぷりんときっず」はシンプル、「ちびむすドリル」はポップな感じかな。

オススメです❤

⌂ 公式サイト → ぷりんときっず
⌂ 公式サイト → ちびむすドリル
🏡 公式HP:進研ゼミ 小学講座




一の位 十の位...どう教えるか?

小学一年生の次女。
子供の心を忘れた私には「どうしたら理解できるの~?」と説明に困る事がたくさんあります。

今、彼女の理解が微妙なのが、『さんすうの位』について。

例えば、12+3=15 みたいな足し算はできるんです。
やり方を教えてもらったから。
でも、12+3=10+2+3とか、15は10+5でできているっていう理解がぼや~ん。。。💧

大人になった今、普段生活していて、一の位は、十の位は・・・なんて使いはしませんが、
大きな桁の数、例えば、10,000,000円という数を見た時、後ろから一、十、百、千、万・・・とカウントしますし、
50円に60円を足したら、くり上がって~なんて自然に位を繰り上げていますよね。

多分、経験値が上がればそんなことスルっとやるのでしょうが、ここで理解しておかないと算数の苦手意識アップでやる気をなくしてしまうのが怖い😨

そこで、どんな風に教えたらいいか?と調べたり考えたりしてみました。
昨日、実践してみたらこれが割とスンナリと分かってくれて、どこまで数の概念が入ったのかと言われると分かりませんが、チンプンカンプンな答えは出なくなりました。

やり方はこんな感じです↙

🚩 方法1
1.小さなおもちゃ40~50個と小さな器3~4個を用意。
 

2.おもちゃを14個(例ですので何個でもいいです。)置いて、10個だけ器に入れさせます。

私:「余ったおもちゃは10の器に入る?」
子:「入らない」
私:「そう。入らないよね。だから外に出したままにしておこう。」

3.質問してみる
私:「器は何個?」 ⇒ 紙に『1』とメモさせる。
「器にに入らなかったおもちゃは何個?」 ⇒ 紙に書いた『1』の横に『3』とメモさせる。

4.説明
私:「器の数は「十の位」、器に入らなかったおもちゃは「一の位」って事ね。」
メモを見ながら、、、
13と書くけど、10 3ってこと。
だから『いちさん』じゃなくて『じゅうさん』って読むよね。」

5.数を多くして同じことを繰り返す。
33個バージョン↙

方法1ができたら次はお金を使ってやってみよう~♪

 

🚩 方法2
1.器3つ、1円、10円、100円を9枚ずつぐらい用意し、器にそれぞれ「1のへや、10のへや、100のへや」と記しておく。

2.紙に『(例 36』と書いて、その分を小銭から出させて、各部屋へ入れていく。

3.質問してみる
私:「10の部屋には10円が何個入ってる?」
子:「3個」
私、「じゃあ、1円の部屋には、1円が何個?」
子:「6個」

私:「36は、10円が3個で、1円が6個なんだね。
だから、36円は、30円+6円でできているんだね。」

3.数を大きくして同じことを繰り返す。
125バージョン↙

こんな感じでどうでしょうか?
これからの算数の理解に役立てば嬉しいなあ~と思います(^^)/




冬休みの宿題 ~英語~

冬休みの宿題に【 英単語を10個覚える 】というのがあります。
下の10個です↙

個々の単語は知っていますが、ちょっとした綴りの間違いはあったので確認出来て良かったです。
例えば、sun が san とか fish が fihs になっていたり…
年明けの授業でテストがあるそうです。学校が始まる前にもう一度おさらいしなきゃね~




冬休みの宿題 ~書写~

次女が冬休みの宿題【お習字】に取り組みました✨

お題は、『みかん🍊』
10枚書いて一番上手にかけた作品を提出することになっています。

集中して書く10枚は結構エネルギーが要るようで、最初は楽しそうにやってましたが、最後の数枚はハアハア言いながらでした💦

宿題の中で一番面倒いのが終ってホッとしました😌

《関連商品》




無料のテキスト 見つけました

今日は次女(小学1年生)のお勉強のお話です。

次女の毎日の家庭学習は、こんな感じ👇

🚩 学校の宿題と絵日記 (約 30分)
🚩 進研ゼミ国語と算数(約 15分)、土日は進研ゼミ英語のみ

1年生だから、これぐらいで十分と思っていましたが、、、
先週まとめのテストが返ってきて、イメージよりも出来ていない💧

そこで、自信を持って3学期を迎えるために、「冬休みに分からないところをやっつけよう~💪」という事に。
1年生から塾に入れる気もないし、テキストを探してみました。

 

《お馴染みのこんなところで、公文式↙》

《ちょっと楽しく、うんこドリル💩》

価格帯は、公文は600円辺りですが、各項目に分かれているので合わせて買うと×3ぐらい、うんこは一冊1,200円辺り。

それでも塾に行くことを考えればかなり安いのですが、、、必要なのは弱点の所だけで全部はいらないんですよね~
冬休みの宿題もきっとたくさん出る上に進研ゼミだってあるから、それが終わった後か隙間時間となると…一冊やり切るのは難しい(^^;

で、お金のかからない方法がないかな~と調べてみたら、無料でテキストを配布してくれるサイトを発見しました👀

🍙コレです👇
【 ちびむすドリル 】https://happylilac.net/

ちびむすドリルは無料で提供してくれるネット教材。
登録料も年会費なども一切かかりません❣

対象年齢は、幼児から中学生まで
レベルはベーシックな感じなので発展を目指す子には物足りないかもしれません。

これなら目的のページを選んでコピーするだけでいいので、ちょっと確認したい時にピッタリ💛
カラーだし楽しくやれそうです。
プリントアウトしてやらせてみようと思います✌

やってみた感想をまたUPしますね(^^)/




百人一首を覚えよう

次女の学校では、毎年恒例「百人一首大会」に向けて1年生から百人一首を覚えていく取り組みをしています。

まだ、100句まで到達していませんが、毎日何句かみんなで音読しているようです。
結構燃えている子がいて、たくさん覚えていると「誉」らしく💦
次女も覚えたい気持ちはあるのですが、あの単調な意味もよく分からない文の羅列…
なかなか学校だけでは覚えられません😨

そこで、家でも耳に入ってくるように毎日お風呂の時間だけでも、音読かけ流しにしておこうかね~ってことになりました。

低学年女子にピッタリな音読を YouTube 探してみたら、イイのがありました👍
よしみん先生 の『百人一首 歌って下の句覚えよう』です。

下の句の前に間奏だけの部分があって、考える時間をとってあります。
「何だっけ?当ってた~」とゲーム感覚で聞けるので楽しいです。
早速、登録して使わせて頂いています。

 

👀 このカードも覚えるのに良いですね

《商品紹介ビデオ見つけました↙》

とにかく、何枚か取れないと楽しくないですから、取れる楽しみを実感してほしいですね~😻

《関連記事》
📰 百人一首の決まり字 一字決まり
📰 百人一首の決まり字 二字決まり