ざんねんな生きもの図鑑

最近、一年生の次女がハマっている本です。
学校でも流行っているみたい💖
一緒に読んでみましたが、大人が読んでも面白いですね~📚

漢字にルビがふってあるので、何とか一年生でも読めますが、最初の太字と絵を見て進む感じで最後の詳細説明のところはよっぽど気になった時だけ読んでいるようです。
挿絵の動物には漫画みたいに吹き出しが付いていて、それを見ているだけで楽しそう😉

《この本です👇》




絵日記の効果

次女の学校は、全校あげて『毎日 絵日記を書く』という宿題があります。
正直、面倒くさいなあ~、ネタがないよ~💧と思う時ありますが、すごく意味があると感じる時もあります。
4月からはじめて、最初はなかなかペンが進まなかった次女ですが、今では割とスラスラとペンが走ります。
何でも習慣ですね😉

意味があるなあ~と感じる時は、今日会ったことを寝る前にふり返るという作業。
この作業をやらなかったらきっと頭に残らず終わっていくことがある事は間違いないと思います。

例えば、行った場所🌎
子供の場合、親に着いていくだけ、連れて行かれたって事が多いから、自分がどこに行ってきたか、結構知らないもの。
下の写真のように、「今日行った場所の名前はどこ?」なんて質問から始まり、「漢字で書くとどんな風?」と一緒に思い出して語り合ったり…できます

ピンクが私の見本、鉛筆が次女が書いたもの。
まだ習わない字もありますが、行ってきたところですから、意欲的に書きたがります💖
小学生時代の日記、将来きっと宝物になるでしょう~(^^)/




小学校からの英語

残り5か月で次女も卒園🎖

ここまでインターナショナルスクールで身に付いた英語をどのように維持しつつ少しでもブラッシュアップしていけるか?悩むところ。

長女は9歳までアメリカに住んで英語づけの毎日でしたが、帰ってきて5年以上たった今、学校の英語の成績はまあまあではあるものの、帰国子女だという事を忘れちゃうぐらい英語の感覚は飛んで行ってしまいました(^^)/~~~

続けて学習しなければ幼児期の英語なんて飛んで消えるのは分かっています。

長女には帰国後、英会話に行かせたり、くもんの英語をやったりしましたが、英語に結構な大金掛けました💧
でも、お金がかかる割に成果は????
本人の能力ややる気の問題が大きいでしょう。。。

なので次女には大金をつぎ込まずに英語に触れさせたいと、色々調べています。

ちょうど、こどもちゃれんじを取っていて楽しんでやっているので、そのまま追加で、Challenge Englishはどうかなと考えています。

月々の額2,040円(税込)で週に何度か家庭で取り組めて、1か月に1回オンラインレッスンも付いてる。

英会話スクールだと、インテンシブクラスで8,000円~9,000円ぐらい、土曜の1日クラスだと2万円以上かかるからその価格差は大。
対人の方が色々な面で豊かな収穫があるのは分かってる。

でも、中学、高校と続けていく自信が無いのであれば、大金払う価値があるかなあ・・・((+_+))
私もお仕事したいから送迎ばかりに時間はとられたくないし、これは私たちに合ってる(^O^)

追記(12.9)2019年4月から変わります!
📰記事はこちら⇒ Challenge Englishが生まれ変わる