寄付金控除の確認

ふるさと納税の控除申告はしたものの・・・ちゃんと手続き完了してるの?

現金が返ってくるのでなく控除されて戻ってくるので、手続きがきちん完了しているのか?いまいち実感できない ふるさと納税。
ただの寄付になってないか不安ですよね。

《 ワンストップ特例制度の場合 》
寄付金を納めた翌年6月以降に支払う住民税が減額されます。
所得税からの控除はありません。

住民税は、「給与所得等に係る特別区民税・都民税 特別徴収税額の決定通知書」で確認できます。会社員の方は5月頃に会社からもらってくるものです。

住民税(県民税、市民税など)の欄に「税額控除」が記されています。
会社によっても記載方法が違うかもしませんが、「寄付金税額控除額」がふるさと納税分。住民税がいくら税額控除されたかがわかります。

《 確定申告をした場合 》
所得税と住民税の2つに分けて控除されます。

寄付金控除は「課税証明書」で確認できます。
課税証明書とは、前年(1月~12月)の所得や住民税、所得控除額が記載されているもの。各自治体の役場(1月時点で住所のある所)で取れます。(有料)

《 申告漏れ場合 》
更正の請求をして審査が通れば、指定した口座に控除分の還付金が振り込まれて住民税の減額も適用されます。

※更正の請求は5年以内であれば申請OK♪
忘れていることに気がついた方は是非さかのぼって更正の請求をしてみて下さい。

《 所得税の還付分はいくら? 》
まず、自分の所得税の税率がいくらになるかをしらべます。
課税標準総所得金額の金額を見ます。

所得税の速算表 (参:国税庁) 
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

自分の所得税率が分かったら、下の式に当てはめてみましょう。

★ (ふるさと納税額-2,000円)✕所得税率

計算してみて下さい(*´艸`)

《 2017年 ふるさと納税スケジュール 》
納税:2017年1月1日~12月31日
確定申告:2018年2月16日~3月15日(所得税分確認)
住民税分確認:2018年5月頃「給与所得等に係る特別区民税・都民税 特別徴収税額の決定通知書」で確認

漏れなくやれば、毎年このような流れになっていると思います

注:あくまでも素人が書いているという事をご理解の上、参考にしてください。お問い合わせは税務署へ。




投稿者:

harvest4u

40代主婦の私。娘2人(15歳&6歳)、夫、祖父母の6人で生活中。

コメントを残す