絵本・児童書・テキスト」カテゴリーアーカイブ

夏休み 読書感想文の本を選ぶ

去年は無かったけど、今年からは読書感想文がある。。。

選ぶ本のテーマは、「自然に関わりのある本」

本屋や図書館へ行って、自由に選ばせるとハズレを選びそうで💦
あまり普段から読書をするタイプではないので、「本ってやっぱり詰まんない~」ってなられても困るし、ここは慎重に。って事で、
ネットでレビューとか調べて、楽しくて興味が沸きそうな感じで、小学低学年向けでテーマにあった物を私が選びました。

👇 コレです

シリーズで、「宇宙」「海」もあり、迷いましたが、「地球」に決めました。
とりあえず、ネット注文したので明日ぐらいには届くでしょう。
どんな反応か?楽しみです。




無料プリント教材 ぷりんときっず

今回は、無料で教材プリントを配布してくれる ぷりんときっずのお話です。

子供の教育費は、いくら掛かるのか?
文部省の調べによると、1,000万~2,500万だそうです(°0°)
それに加えて、当たり前にかかってくるのが食事や洋服、雑貨、保険・・・などの養育費。
子供が複数いれば、人数分プラス(°°;)

少しでも節約したいですよね。

長女の時は塾に入れたり英会話に行かせたり、色々しました。
大金つぎ込んで送迎にあくせくしたにも関わらず、あまり効果は無かった😓
本人が熱望して通いたい、と言うならともかく、親が無理に行かせている物にあまり効果はないのですね(^^;;

私も少し学び、次女にはお金をあまりかけない方法を考えたい
「ぷりんときっず」作成者の方のお子様は、家庭学習にプリントを2枚程度続けているだけで、塾や通信教育なしでも成績はトップレベルとのこと。もちろん、地頭も良い子なんでしょうね。

自分の子供をトップレベルにしたいわけでは無いけど、知らないより知っていることが多い方が良いし、少しでもできた方が本人の気分が良いですよね。

本当は、そのお子様のように無料のプリント2枚のみにしたいですが、学校の内容と自分の子供の状態を熟知していないと、プリント選びに困ります。
ワーキングマザーは皆同じと思いますが、子供が勉強に取り組む時は家事などをしていたりして、ながら作業のような感じで寝る時間を迎えます。
勉強している横にはり付いたり、下準備など研究する時間はなかなか…

ということで、家の場合は進研ゼミ 小学講座だけは取っています。
これで学校の内容確認と本人の状態確認ができますので、私の安心の為かもしれませんね。
英語も付いてきますしね~

無料プリントは補助的に、長期休暇などに使わせて頂いています。
学習ポスターやカードもあるので、トイレに貼ったりフラッシュカードみたいに使ったり、それも重宝しますよ。

以前、無料でプリントをダウンロードできる【 ちびむすドリル 】をご紹介したことがありましたが、それと同じように【 ぷりんときっず 】も無料で教材プリントを配布してくれています。

両方とも大変良くできていて市販の物と大差ない出来栄えです。
デザイン的には、「ぷりんときっず」はシンプル、「ちびむすドリル」はポップな感じかな。

⌂ 公式サイト → ぷりんときっず
⌂ 公式サイト → ちびむすドリル
🏡 公式HP:進研ゼミ 小学講座




ぷっぷるのおんぷカード 届いた♪

なかなか音符を覚えない次女用に購入した【 ぷっぷるのおんぷカード 】が届きました

👇この商品

🍎 3日間使用してみたので感想を…

👇 実物はこんな感じ
小さなジップロックみたいな袋に入って届きました。
大きさは手の平サイズ。トランプぐらいの大きさです。
 

表と裏です。ト音記号とヘ音記号の50枚入り。

次女は最初見た時、「うわ~可愛い💖」と。
寝る前にベッドの上で10分ぐらい遊ぶ感じで進めました。
カードが可愛いので、気分も上がってゲーム感覚で楽しそうです👍
絵の部分の下に書いてある各国の読み方にも興味深々で「コレは何?」と聞いてくるので「日本語ではハニホヘ・・・って言い方もあるんだよ。ト音記号の「ト」もヘ音記号の「へ」もそこから来てんだよ。」と説明したら「ヘーーー‼」と感心してました😉

《進め方》 ~フラッシュカードのように~
一気に全部のカードを出してしまうと頭が混乱しそうだったので、ト音記号からスタート
◆ 1日目は、線の上の音符(ド・ミ・ソ・シ・レ・ファ)だけ。
まずはドから順番に、次にシャッフルしてテスト。

◆ 2日目は、1日目の復習を少ししてから、
間の音符(レ・ファ・ラ・ド・ミ・ソ)の新しいカードを覚える。
同じようにレから順番に、次にシャッフルしてテスト。
最後に、1日目にやったカードとミックスして、シャッフルでテスト。

◆ 3日目は、次に高い音と低い音のカードを追加
低いカードから順番にやった後、シャッフルしてテスト。

💪 カードをパッと見せて、3秒以内に言えたら合格 💪というルールです。

結構早く覚えていきます。もっと早くやればよかった~
このカードを制覇したら、下のリズムの方もやりたいなと思っています。

 




無料のテキスト 見つけました

今日は次女(小学1年生)のお勉強のお話です。

次女の毎日の家庭学習は、こんな感じ👇

🚩 学校の宿題と絵日記 (約 30分)
🚩 進研ゼミ国語と算数(約 15分)、土日は進研ゼミ英語のみ

1年生だから、これぐらいで十分と思っていましたが、、、
先週まとめのテストが返ってきて、イメージよりも出来ていない💧

そこで、自信を持って3学期を迎えるために、「冬休みに分からないところをやっつけよう~💪」という事に。
1年生から塾に入れる気もないし、テキストを探してみました。

 

《お馴染みのこんなところで、公文式↙》

《ちょっと楽しく、うんこドリル💩》

価格帯は、公文は600円辺りですが、各項目に分かれているので合わせて買うと×3ぐらい、うんこは一冊1,200円辺り。

それでも塾に行くことを考えればかなり安いのですが、、、必要なのは弱点の所だけで全部はいらないんですよね~
冬休みの宿題もきっとたくさん出る上に進研ゼミだってあるから、それが終わった後か隙間時間となると…一冊やり切るのは難しい(^^;

で、お金のかからない方法がないかな~と調べてみたら、無料でテキストを配布してくれるサイトを発見しました👀

🍙コレです👇
【 ちびむすドリル 】https://happylilac.net/

ちびむすドリルは無料で提供してくれるネット教材。
登録料も年会費なども一切かかりません❣

対象年齢は、幼児から中学生まで
レベルはベーシックな感じなので発展を目指す子には物足りないかもしれません。

これなら目的のページを選んでコピーするだけでいいので、ちょっと確認したい時にピッタリ💛
カラーだし楽しくやれそうです。
プリントアウトしてやらせてみようと思います✌

やってみた感想をまたUPしますね(^^)/




ざんねんな生きもの図鑑

最近、一年生の次女がハマっている本です。
学校でも流行っているみたい💖
一緒に読んでみましたが、大人が読んでも面白いですね~📚

漢字にルビがふってあるので、何とか一年生でも読めますが、最初の太字と絵を見て進む感じで最後の詳細説明のところはよっぽど気になった時だけ読んでいるようです。
挿絵の動物には漫画みたいに吹き出しが付いていて、それを見ているだけで楽しそう😉

《この本です👇》




りんごかもしれない

『エルマーのぼうけん シリーズ』3冊を読み終わりました。

まずは、感想を(^-^)/
次女は絵本でなく児童書ははじめてだったので、ちょっとお姉さんになった気分だったのでしょうか、コレを読んでいる自分に満足という感じでした(^^;;
内容は面白く小学校低学年にピッタリな冒険ファンタジーですが、昔に書かれている本なので言い回しが今時ではない部分があり、時々説明が必要でした。
でも、この本を読まなければ知らなかっただろうし、そんな言い方あるんだ~という事を知るだけでも良いのかもしれません。

そして、ようやく今日の本題です!
今回、次に何か読み聞かせに良いものないかな~と適当に選んだものが大当たり❤
ご紹介します

🍎『 りんごかもしれない 』 という絵本です。
男の子が一つのりんごで妄想を膨らましていくお話です。
私も面白いなあ~♪とは思ったのですが、それ以上に次女に大ウケでした。

これと一緒に、『 100万回生きたねこ 』という有名な絵本も読み聞かせました。

深イイお話でジーっと静かに聞いていました。
読み終えた後も何か考えてシンミリとしていました。
「リンゴの本とどちらが好き?」と聞きましたが、「全然違うお話しだから分かんない。。。」と。
彼女を見てて、やっぱりクスっと笑えるお話の方が楽しそうではありますが、たまには色々と考えるお話も良いのかもしれません。
最終的に記憶に残るのはどっちかな???
なかなか、興味深い2冊でした。

ヨシタケシンスケさんのファンになりそうです。




パンダ銭湯としろくまのパンツ

幼稚園の頃によく読んでいたお気に入りの絵本をご紹介。
小学校に入り最近ではほとんど読まなくなりましたが、この2冊は残しておこうと思います。

👑 パンダ銭湯
笑いのセンスが素敵すぎる。ネタバレになるので内容は言いたくありませんが、ページをめくる度にハッとしたりククッと笑ってしまったり、
最後のオチが最高です。

👑 しろくまのパンツ
しろくまくんのパンツがなくなり探す話ですが、予想と全く違う結末に思わず笑っちゃいます。

この2冊は自信をもってお勧めします。是非読んでみて下さい